なでしこジャパン世界一:脱パート主婦〜悠々自適の専業主婦生活

【家庭用脱毛器イーモ/イーモリジュ】楽天ランキング1位!日本で1番売れている脱毛器 www.h-removal.com
sponsored link

なでしこジャパン世界一

たくましく、激しく120分を戦い抜いた。試合を2度リセットし、執念でPK戦を制した。熊谷のPKがゴールネットを揺らし、歓喜の笛。世界を制した乙女たちは、大声を張り上げた。

 試合序盤から、米国の素早いサイド攻撃に押され通し。なでしこジャパンはボールを落ち着かせることができなかった。ワンバックの強烈なシュートがクロスバーにはじかれるなど、前半は幸運がついていたが、いつ得点を奪われてもおかしくない状況。後半24分、ついに先制された。宮間の個人技で延長戦に持ち込んだが、再び勝ち越される。見る者を「もはやこれまで」と思わせた極限状態。ここで頼りになったのは、やはり沢だった。

 1−2で迎えた延長後半12分。沢のスルーパスをきっかけに得たCKを左から宮間が蹴り、主将が右足の外側を突き出して起死回生の同点弾とした。「セットプレーしかチャンスがない。いつものように目を合わせた」(宮間)。ともに米プロリーグの経験を持つ攻撃の柱。つながったホットラインが試合を動かした。

 PK戦では、GK海堀の勘がさえわたる。最初の1本を足で止め、圧倒されたように米国が3本を外した。勝利を決めたのは20歳の熊谷。真っ先に海堀に抱きつき、守護神が笑顔で応える。後のキッカーに控えていた沢の出番は不要。若手が流れに乗った。

 躍進した北京五輪4位から3年。ある者は経済環境の厳しい国内リーグで、ある者は慣れない海外で、頂点を目指して精進を重ねた。「耐えて、耐えて、W杯を手にすることができた」と佐々木監督。日本らしさを発揮し、世界一をつかんだ。


引用:http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date1&k=2011071800097


すごいの一言です。

早起きした甲斐がありました。涙が出ました。

歴史的な瞬間を目に焼き付けました。

本当におめでとう!

posted by 夢の夢子 at 17:24 | TrackBack(0) | 専業主婦の徒然ニュース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215442690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。